住まいNET(ネット)信州トップページ pageTop

  • ビルダーを探す
  • ビルダーに資料をもらう

FACEBOOK

最新情報

住まいと暮らしのデザインブック
住まいNET信州 vol.30
2018年2月18日
[掲載内容]
Special Contents
■巻頭特集:Life of Architects 建築家の自由な暮らし

"建築家が自分のために建てた家"って、見てみたいと思いませんか? おもにはクライアントとその家族のために、多様な住宅を創造する「建築家」というおシゴト。そんな建築のプロたちは、そもそもどんな家に住んでいるのか。そしてそれは、どのような考えから生まれ、どのような過程で家という形へと具現化されたのか。自分の設計思想や実験的試みを表現できる自邸には、建築家だからこそのエッセンスが凝縮されているに違いない!?ということで今回は、県内外の建築家のご自宅におじゃまして、その暮らしぶりとともに、住宅建築の哲学や大切にしていることなどを伺ってきました。建築家の自邸と、そこに込められた思いを知ることで、あなたの住まいづくりに役立つ新たなヒントやアイデアが見つかるかもしれません。

 

■サブ特集:いい暮らしはいい動線から。

掃除、洗濯、買い物、料理--毎日の家事は重労働。これに育児や会社勤めまで加われば、もう目が回るほどの忙しさ。なのに家族は協力してくれないし、家仕事とストレスは溜まるばかり。も〜どうすりゃいいの!? となれば、ここから抜け出す方法はただ一つ、家事がしやすい家をつくることです。では、家事のしやすい家とは? そのカギを握るのが「動線」。M-STYLE HOUSEの酒井良子さんと動線の観点から、快適に暮らせる家を考えます。

 

誌上で完成見学会 住宅建築実例集
・こだわりのモデルハウス紹介
・信州の家オリジナルリポート
・インテリアグリーンと暮らす
・作家の仕事場
・うまいNET信州
・女子DIYラボ
etc...