住まいNET(ネット)信州トップページ pageTop

  • ビルダーを探す
  • ビルダーに資料をもらう
  • 信州の住宅見学会

最新情報

住まいと暮らしのデザインブック
住まいNET信州 vol.38
2022年2月16日
[掲載内容]
■メイン特集:やさしいいえ
#思いやり #自然環境 #エシカルな暮らし

かねてより日本人は、お互いさまとか、おかげさまといった他を気遣う精神性を大事にしてきました。
その根底にあるのは、人を思いやる「やさしさ」。
しかし、家を考えるとき私たちはつい自分のことを優先してしまいがちです。
しあわせや豊かさを求めるのであれば、住まいづくりにも慎み深さや謙虚さが必要なのかもしれません。
周辺環境のこと、自然と共生すること、地球の資源を守ること近隣に配慮して住まいを考えることが、結果的に自分にとってのよりよい暮らしにつながるはず。
今回、お話をうかがったのは、建築家の田中敏溥さんと建築デザイナーの井手しのぶさん。
お二人の暮らしと住まいから「やさしいいえ」を考えます。

■サブ特集:庭のある暮らし

ふっくりと丸くなった草木の芽に、春の訪れを見つける喜び、炎熱の午後に通り雨が運んでくる、むせかえるような緑の匂い、赤や黄色の木の葉が言祝ぐように舞い踊り、やがて迎える冬隣ー
ダイナミックで精緻な自然の姿はすべてが文明の意のままになる気がしている私たちに美しく、時には厳然と「人よりも大きな存在」を感じさせます。
庭は、絶えずめぐる自然の営みを暮らしに呼び込む場所。
住宅がどんなに性能を高め、快適に私たちを包んでくれたとしてもそこに閉じこもっていては得られない五感の喜びを与えてくれるものです。
家と庭を一体として計画することで、日常は劇的に色鮮やかになるでしょう。
自然がくれる豊かで心地よい時間を、信州の住まいに。
庭師・熊谷崇さんに、素敵な庭をもつためのヒントをうかがいました。

誌上で完成見学会 住宅建築実例集
・こだわりのモデルハウス紹介
・信州の家オリジナルリポート
・作家の仕事場
・うまいNET信州
・暮らしにまつわるSHOP巡り探検隊
etc...